生地屋の倉庫をお見せします。

生地をオンラインショップで購入する際にこんな悩みや不安はありませんか? 店舗を持たないオンラインショップの生地屋ってどんな感じなの? 私達が買った生地って、一体どんなところから発送されているの? 生地のネットショップって何となく怪しいけど本

農作業で絣を着る

久しぶりにお客様の作品紹介を。 今回は日本の藍染が大好きな海外のお客様からとっても素敵なジャケットを作ったとレビューを頂きました! 使用されたのは「斑絣」という手絞りの藍染絣です。 写真を送って頂いた時、面白いなと思ったのが柄が縦に走行して

多色太縞4

お茶染めの布団縞

明治・江戸期に多く使われたていた極太の縞模様のことを、布団縞と呼んだりします。 その名の通り布団に多く使われていた縞で一度は見たことのある方も多いのではないでしょうか? この古典的な縞にインスパイアされてできたのが、「多色太縞」。 布団縞そ

シャトル織機の綜絖通し

織機のタテ糸を上下させる道具を綜絖(そうこう)と言うのですが1つの生地が織り上がり次の新しい生地を織る準備をする際、 この綜絖に糸を通して前の生地のタテ糸と新しい生地のタテ糸を繋がなくてはいけません。 この作業を文字通り、綜絖通しと呼びます

柿渋染と藍染の掛け合わせ

備後節織の柿渋染の品番の多くが生産終了となる中で、継続できることとなった「風合柿渋×藍」の入荷がありました。 この生地はタテ糸に柿渋染めの糸、ヨコ糸に藍染の糸を使って織り上げます。 紺と茶がミックスされた仕上がりは本当に美しい! &nbsp

100年の歴史を持つ工場での整経の工程

昔の備後絣は基本的に工程ごとの分業制で地域一帯にそれぞれの専門の会社が散らばっていました。 しかし、洋装化に伴う需要の減少でそういった1つの工程を専門に行う場所は残念ながら徐々に淘汰されていきました。 現在では1つの工場で全ての工程を一貫し

節織 濃紺が再入荷

再入荷のお知らせ   備後節織の最も基本となる品番、「節織 濃紺」の入荷がありました。 スタンダードな普通地の平織、120cmです。 「ジャパンブルー」という名にふさわしい美しく濃い藍色に染まった生地。 季節問わず様々なものにお仕

シャトル織機で朱色を織る

藍染や墨染などシックな色バリエーションが多い備後節織の中で、唯一!?とも言える鮮やかなカラーの品番がこちら「節織 朱」 直接染料というとても発色の良い染料で染められています。 紺系の生地と使うととても映えるので、差し色としての効果大です。

高島縮_薄手縮

やっと高島縮が再入荷しました。

前回欠品となってから諸事情で数年入荷ができていなかった、「高島縮 厚手縮」。 先日やっと再入荷がありました! 長年待っていただけに到着した時は私もホッとしましたし、嬉しかったです。 楊柳の特徴でもある伸縮性と通気性に優れた素材。 厚手縮とい

綿麻霜1

最高の風合いを持つ綿麻素材

最高な手触りの綿麻生地が織りあがったので、ご紹介します。 既存の「霜降」の薄手バージョンで、素材は綿麻(混率は綿50%麻50%)。その名も「綿麻霜降」です。 企画段階で絶対にいい生地が出来上がるだろうと予想はしていましたが、実際に触ってみて

風合茜4

茜染めの楊柳生地

「風合茜」は天然の西洋茜という染料を使って染めています。 また、強撚糸というその名の通り強い撚りをかけた伸縮性のある糸が使われています。 この強撚糸を使って織られた平織生地のことを楊柳と呼んだりもします。 この強撚糸を使う利点として、 薄手

松阪木綿 藍染液中絞りの作業風景(動画)

松阪木綿の藍染は江戸時代より400年以上も続く伝統的な織物で、三重県から県指定の伝統工芸品にも選ばれている素晴らしい技術です。 ルーツはかつてこの地が日本でも指折りの紡織の中心地だったことに加え、 産地にほど近い伊勢神宮に綿織物の奉納を義務